ごあいさつ

検査機器 12誘導心電計および血圧脈波検査装置

心臓の動くリズムと心臓の筋肉の状態を観察する検査です。

ざっくり言えば心臓から発生する電気を12種類の向きから測定する検査です。

リズムが速すぎたり遅すぎたり乱れたりしていると”不整脈”と診断し、

心臓から発生する電気の波形で心筋に血が流れにくいだとか心筋が分厚いだとか診断します。

    この一台で動脈硬化の評価、下肢動脈の狭窄の評価も行えます。(うちのような狭い診療所ではありがたいです。)

    数十メートルの歩行で足が痛くなり、休憩すると改善する症状を間欠性跛行(かんけつせいはこう)と言います。脚に栄養を送る血管が細くなると出てくる症状です。

    症状だけで診断がつくわけではないですが、足先の脈が触れにくかったり等の所見を認める場合があります。

    腕の血圧と足首の血圧と比較すると、足の血圧の方が一般的に高いのですが、足に栄養を送る血管(動脈血管)が細くなると腕の血圧より低くなってきます。その腕と足の血圧の比を左右評価することで、下肢の動脈血管の狭窄を疑う検査です。

DSC_1149.JPG