冬が来る前に健康診断を

特定健診・長寿健診のクーポン券が配られてもうすぐ半年がたとうとしています。

まだ、受診されていない方がいらっしゃいましたら是非10月、11月にお受けになることをオススメいたします。

12月半ばを過ぎるとインフルエンザ等感染による発熱の患者さんが増えてきます。いくら、手洗い、咳エチケット、マスク着用を守っても完全ではなく感染リスクが上がるので冬が明けるまではオススメできません。

また、食事摂取を前日夕食後から止めていただく必要があります。低血糖のリスクがあるなど諸事情で例外はあります。が、空腹時の血糖値を調べるための血液検査でもあるので、空腹を作らないと評価ができなくなってしまいます。また、食事内容により中性脂肪も上昇します。アルコール摂取8時間以内は中性脂肪の値を押し上げるという話もあります。

何もとってはいけないのか?となるのですが、"水"だけなら大丈夫です。一晩で何Lも飲むのはおすすめしませんが、1L程度なら心臓病など日頃飲水量を制限されていない方であればむしろお奨めします。

しつこいですが、"水"です。水分ではありません。水道水、ミネラルウォーターの"水"です。

清涼飲料水だと糖分が、缶コーヒーだと乳脂肪分が入ってたりして検査データが変わってきます。

全くの"飲まず飲まず"だと、軽い脱水で尿の採取が困難だったり、血液が濃いと診断される原因になったりします。

以上、健診クーポン券をお持ちの方は10月-11月の間で前の日の午後9時までに食事を済ませ、以後朝まで"水"で空腹と喉の乾きをしのいで受診していただくことをオススメいたします。血圧の薬を内服中の場合は、いつもの時間に内服いただいて構いません。

 

 尚、お薬を処方受けている方は担当のDr.に相談してください。