ごあいさつ

循環器疾患の分類と当院でできること

心臓に栄養を送る血管の病気

(虚血性心疾患:胸痛発作などの症状)

行える検査:

12誘導心電図、心臓超音波検査、血液検査など

 

心臓の筋肉や弁の病気

(心筋症・弁膜症:労作時の息切れなどの症状)

行える検査:

心臓超音波検査など

 

心臓のリズムの病気

(不整脈:ふらつき,めまい,失神,息切れ,動悸などの症状)

行える検査:

12誘導心電図、ホルター心電図検査など

 

血管にかかわる病気

(高血圧症:頭痛等,起立性低血圧:たちくらみ等,動脈硬化症:間欠性跛行等)

行える検査:

頚動脈超音波検査、ABI(足関節上腕血圧比) など 

 

心臓が上記の病気の負担に耐えられなくなった時

(うっ血性心不全:浮腫、息切れ、呼吸困難)

行える検査:

心臓超音波検査など

 

 

また、動脈硬化症の危険因子である高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満等の

コントロールをはかる事によって早期に予防することを心がけています。

 

 

その他、心臓に負担をかける睡眠時無呼吸症候群の簡易検査

 

上記検査だけでは診断がつかない場合や、侵襲的な治療が必要な場合は

設備のある病院へ紹介受診していただきます。